新卒採用支援は学歴にこだわらない採用活動を推進します

少子高齢化の影響で、新卒の採用が年々難しくなっています。加えて、若い人が、正社員にこだわらなくなっていることも、さらにこの問題を難しくしています。しかしながら、企業が将来にわたって、経営基盤を盤石なものとするためには、優秀な新卒を確保することは、とても大切な課題です。 そこで、企業の人事採用部門は、求人媒体を利用した募集活動や会社説明会、大学や高校を訪問しての勧奨活動などを精力的に行っていますが、全ての企業で成果が出ているわけではありません。そこには、企業の人事採用部門特有の閉鎖的な体質が根強く残っていることが考えられます。そこで、最近では、新卒採用支援をアウトソーシングする企業が増えています。学歴偏重の固定概念を覆した雇用対策は確実に成果を上げており、多くの企業から注目を集めています。

新卒採用が困難となった理由と企業の問題点

かつての企業の人事採用部門は、大した活動をしなくても応募する新卒は多かったことから、いつしか「上から目線」で学生を選択する体質になっていきました。加えて、人事部門は秘匿性が強い部門ですから、他部署との人事交流も盛んではないことから、新たな考え方が生まれにくいのが現実です。 しかしながら、日本を直撃した不況において、新卒の採用を抑制し正規社員から非正規社員の雇用を増やしたことによって、労働市場は大きな変換機を迎え、若い人達は正社員にならなくとも生活できること、辛い思いをしても会社はリストラで簡単に社員を解雇することを見に持って知ることとなりました。つまり、従来のように募集広告を求人媒体に出すだけで待っていても、新卒は集まらない状況になってしまったのです。

新卒採用支援の考え方と具体的な採用活動

新卒採用支援の考え方は、学歴などのとらわれることなく、「やる気のある学生」を最小限の労力で雇用することです。そのためには、まず、その企業の社員の年齢構成やスキル、ここ数年で採用した新卒採用者の業績などを分析して、中長期的な採用計画及び採用基準を策定します。そこで、企業が必要とする新卒採用者のスキル、性格、仕事に対する考え方をまとめ、採用基準に反映させていきます。 実際の募集活動においては、全ての求人媒体に広告を出稿するのではなく、質の高い学生が集まる求人媒体に絞り込んで出稿します。選考段階においては学歴やペーパーテストに偏重することなく、面接試験や論文など個々の仕事に対する考え方や熱意を重視していきます。このように戦略を持った採用活動を行うことで、優秀な人材の確保に成功しているのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加