内定競争倍率を高くすることが可能な新卒採用支援

新卒採用の成否が、企業経営の将来的な発展に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。特に、今後は少子化の影響で労働市場そのものが縮小傾向にあります。そのため、大企業は当然として、中小企業においても優秀な人材確保のために様々な取組みを行っているところです。 そこで、重要になってくるのが「戦略」になります。内定競争倍率が高い企業であれば、そのネームバリューで優秀な人材は集まりますが、そうでない企業の場合、単に求人広告を出しても優秀な人材は集まりません。大手企業に対抗し、予算的な制約がある中で、効率的に優秀な人材を集めるためには、求人媒体の選択方法や新卒者にアピールするための労働条件の定め方などは、戦略的な発想をもって対応していくことが必要不可欠であり、新卒採用支援サービスが注目されている理由です。

新卒採用で内定競争倍率を高めるには戦略が重要です

新卒採用を行うためには、求人媒体への広告掲載、会社説明会の実施、学校への勧奨活動が大きな柱となってきます。ここでは、その企業の魅力を伝えるとともに、将来的な成長戦略や、職場環境や仕事の内容、労働条件などをアピールしていくことになります。そこで、新卒者に好印象を抱かせ、「入社したい」と思わせるためには、新卒者の仕事に対する考え方や気質を理解する必要があります。 新卒採用支援サービスでは、様々な企業のサポートで培ったデータを基に、その企業に適した戦略をもって対応していきます。例えば、労働条件に関しては、以前であれば給与やキャリアパスに傾注する傾向が強くありましたが、ここ最近では育児休暇や介護休暇の有無や福利厚生施設の充実など、「働きやすさ」を重視する傾向にありますから、その点を強調した労働条件の策定を行っていきます。また、長時間労働の是正に向けた取組みなども重要なアピールポイントとなります。

新卒採用支援により会社に貢献する新卒者を効率的に雇用できます

内定競争倍率が高くなれば、それだけ多くの人が選考試験を受験することになりますから、優秀な人材が集まりやすくなることは事実です。その反面、選考作業に非常に多くの労力をかけることにもなります。したがって、企業とすれば内定競争倍率を一定の数字で維持しつつも、少ない応募者の中で、会社に貢献する新卒者を雇用することが効率的であることは間違いありません。 そこで、新卒採用に関しては、応募者の基礎データをシステムで管理し、会社に貢献する社員が、どういった求人媒体を経由してきたのか、採用試験の結果はどうだったのか等、あらゆる側面から分析し、最も効率的な方法で優秀な人材を確保することに勤めています。そうすることによって、企業の採用担当は、採用にかかるコストを抑制しつつ、効率的に会社に貢献する新卒者を採用することが可能となるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加