新卒採用支援では募集活動を重要視しています

労働市場の高齢化が進む中で、企業にとって新卒採用の成否は非常に大きな課題です。特に最近では、せっかく雇用した新卒者が1年未満で退職することも少なくありませんから、最近の若者の気質を理解し、採用だけでなく育成も含めたパッケージとして新卒採用は考えていかなければなりませんが、従来型の募集方法では限界があるのも事実です。 しかしながら、企業の人事採用部門は、古い体質から抜け出せない傾向が強く、現代の若者の考え方についていけないのが実態であり、なかなか自己改革ができていません。そこで、企業においては、人事採用に特化した業者にアウトソーシングすることによって、新卒採用者を確保するとともに、そのノウハウを取り入れることを実践し、一定の成果を上げているのです。

最近の若者の気質と新卒採用の在り方

「最近の若者には粘りがない」といった声をよく聞きますが、この責任は大人達にあるといっても過言ではありません。ゆとり教育という名のもとに、必要以上に子供達にゆとりを与えてしまったこと、度重なる不況の中で非正規社員化を進めたことによって、若者の働く意欲を低下させたことは、新卒採用やその後の育成に大きな影響を与えています。 そこで、新卒採用支援サービスでは、若者の気質を理解しつつも、従来の学歴偏重主義から個々の実力を見極めることに重点をおいた採用基準の策定を促進しています。加えて、採用後の人材育成については、先輩社員をメンターとして相談役としたり、定期的に開催する集合研修においては、新卒採用者のモチベーションを維持し、社会人としての厳しさを教え込む内容に特化することで、真に会社にとって有益な人材を育成することとしています。

新卒採用支援サービスにおける募集活動の考え方

新卒採用支援サービスにおいて、最も重要視しているポイントは「募集活動」です。というのも、いくら育成方針を良いものにしたとしても、ベースとなる人材が一定以上のクオリティを保っていないと無駄なものになってしまいます。つまり、優秀な人材に育成するためには、企業の求める新卒者のクオリティと新卒者の仕事に対する取組み姿勢がマッチングしていないと早期離職者を防ぐことはできません。 したがって、募集の段階において、企業が求める人材を明確にしておくことで、応募者を絞り込みます。さらに、実際に採用した新卒者が、どの求人媒体を経由したかを明確にし、求人広告を掲載する媒体の絞り込みを行います。つまり、企業にとって有益な人材が集まる求人媒体に、明確な応募基準を示すことで、クオリティの高い新卒者を採用することで、高確率で優秀な人材を確保していくのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加